ヒュミラ®情報ネット

医療関係者向けホーム

  • ヒュミラ®全例調査ご参画の先生方へ 全例調査の登録画面はこちらから
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

エーザイ株式会社 「エーザイhhcホットライン」 0120-419-497 受付時間:9:00〜18:00 (土、日、祝 9:00〜17:00)

患者さま向けサイトはこちら

各種資材のご紹介

動画で見る関節破壊の様子(医療関係者用)

監修:新潟県立リウマチセンター 副院長 石川 肇 先生

自然経過
遅れて治療開始、コントロール不良
遅れて治療開始、コントロール良好
早期に治療開始、コントロール良好
winodws用動画ダウンロードMac・タブレット・スマホ用動画ダウンロード
自然経過(解説付き)

数値や言葉だけではなかなかイメージしづらい関節破壊進行の動画をご用意いたしました.
患者さまとのインフォームドコンセントにお役立ていただけるよう,@自然経過,A遅れて治療開始(コントロール不良),B遅れて治療開始(コントロール良好),C早期に治療開始(コントロール良好)の4パターンの動画をダウンロードできるようにいたしました.
患者さまの治療ステージに合わせてご活用ください.
また,関節破壊進行の外科的観点について音声付きで詳細に解説した動画もあわせてご参照下さい.


リウマチ交流教室(医療関係者用)

リウマチ交流教室

手軽に院内でリウマチ教室(患者勉強会)を開催いただくために,告知ポスターから,全13種類のスライドキット,開催後のアンケートシートと集計エクセルまで,必要なものをトータルにご用意いたしました.
院内勉強会での利用はもちろん,日常診療における医師,看護師の方々と患者さま,ご家族さまとのコミュニケーションツールとしてもご活用いただけます.

0)表紙・目次・おわりに(PPT3ページ,1.8MB)ダウンロードはこちら
1)関節リウマチとは(PPT7ページ,1.7MB)ダウンロードはこちら
2)関節リウマチの検査(PPT8ページ,1.5MB)ダウンロードはこちら
3)治療とお薬(PPT15ページ,2.2MB)ダウンロードはこちら
4)治療目標を決めようT2T(PPT6ページ,1.9MB)ダウンロードはこちら
5)合併症への注意(PPT13ページ,2MB)ダウンロードはこちら
6)最新のお薬生物学的製剤(PPT14ページ,2.8MB)ダウンロードはこちら
7)医療費を補助する支援制度(PPT7ページ,1.9MB)ダウンロードはこちら
8)自宅でも投与できる自己注射(PPT10ページ,2MB)ダウンロードはこちら
9)バイオ製剤を始めた患者さまの声(PPT11ページ,5.7MB)ダウンロードはこちら
10)自宅でできるリウマチ体操(PPT6ページ,wmv,115MB)ダウンロードはこちら
  ・自宅でできるリウマチ体操.pptx(1.5MB)ダウンロードはこちら
  ・下半身の運動.wmv(33MB)ダウンロードはこちら
  ・上半身の運動.wmv(54MB)ダウンロードはこちら
  ・体幹の運動.wmv(10MB)ダウンロードはこちら
  ・腹筋の運動.wmv(12MB)ダウンロードはこちら
11)暮らしのアドバイス(PPT33ページ,5.5MB)ダウンロードはこちら
12)妊娠とリウマチ(PPT25ページ,PDF,1.5MB)ダウンロードはこちら
13)こどものリウマチ(PPT20ページ,1.3MB)ダウンロードはこちら
【モデルパターン1】診断早期の患者さま向け(PPT36ページ,wmv,117MB)ダウンロードはこちら
【モデルパターン2】生物学的製剤ご検討の患者さま向け(PPT41ページ,8.5MB)ダウンロードはこちら
ポスター&案内状(PDF,2.5MB)ダウンロードはこちら
参加者アンケートと集計用Excel(PDF,Excel,714KB)ダウンロードはこちら

ヒュミラ®使用において理解を深めていただくために(医療関係者用)

結核と肺炎

結核は本邦でもいまだ年間人口10万人対16.1(2013年)例の新規発症が見られる疾患です.
抗TNFα製剤が結核及び肺炎に及ぼす影響とその留意点についてまとめましたのでご参考にしていただければ幸いです.

インフォームドコンセントにご利用いただくために(患者さま用)

関節リウマチとヒュミラ®のはなし

ヒュミラ®が処方される患者さまを対象としたインフォームドコンセント用冊子.ヒュミラ®の基本的情報(関節リウマチについての基礎知識,ヒュミラ®の作用機序,効果,安全性情報 等),今後ヒュミラ®を使用するにあたって知っておくべきことがら(治療期間中の注意事項,主な副作用)などを網羅しています.

体調管理ノート

ヒュミラ®治療を受けられる患者さまが,体調管理や副作用チェックのために,注射や体調のこと、症状の変化などを記録するノート.ページをめくりやすくする工夫も凝らしています.

これらの資材をご希望の方は、担当MRにお尋ねいただくか,もしくはエーザイhhcホットラインをご利用いただきご請求ください。