ヒュミラ®情報ネット

医療関係者向けホーム

  • ヒュミラ®全例調査ご参画の先生方へ 全例調査の登録画面はこちらから
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

エーザイ株式会社 「エーザイhhcホットライン」 0120-419-497 受付時間:9:00〜18:00 (土、日、祝 9:00〜17:00)

患者さま向けサイトはこちら

細菌性肺炎:肺炎に関する抗TNFα製剤の投与上の注意

  • 肺炎の分類
  • 細菌性肺炎の概要
  • 細菌性肺炎の危険因子
  • 細菌性肺炎の症状と診断
  • 細菌性肺炎の重症度分類
  • 細菌性肺炎の治療
  • 肺炎に関する抗TNFα製剤の投与上の注意

抗TNFα製剤による免疫能低下により,肺炎発症のリスクが高まる可能性はあります.しかし,投与前のチェックや処置,投与後の経過観察で,最小限に抑えることは不可能ではありません.

抗TNFα製剤の投与前の注意点

  • 危険因子(ステロイド薬服用,高齢,慢性呼吸器疾患,糖尿病など)の有無を確認し,リスク&ベネフィットを十分考慮してください.

抗TNFα製剤の投与後の注意点

  • 肺炎の症候に十分注意し観察を行ってください(参照).
  • 特にステロイド薬を併用する場合は,十分な経過観察を行い,肺炎の症候に注意してください.
  • 高齢者は発熱がない場合がありますので,十分注意してください.
  • PaO2などの急激な低下がみられたときは,必ず胸部X線検査を行い,診断を行ってください.
  • ニューモシスティス肺炎が疑わしい場合は,積極的に検査を行ってください.
  • β-Dグルカン陽性の場合は,治療開始を考慮してください.
  • 患者に対し,次回来院までの経過中に異常を感じた場合,直ちに主治医に連絡するように指導してください.
安全性対策トップに戻る