ヒュミラ®情報ネット

医療関係者向けホーム

  • ヒュミラ®全例調査ご参画の先生方へ 全例調査の登録画面はこちらから
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

エーザイ株式会社 「エーザイhhcホットライン」 0120-419-497 受付時間:9:00〜18:00 (土、日、祝 9:00〜17:00)

患者さま向けサイトはこちら

結核:結核とTNFαの関連

  • 結核の概要
  • 結核の感染と発症機序
  • 結核とTNFαの関連
  • 抗TNFα製剤合併結核の特徴
  • 肺結核の症候
  • 肺外結核の症候
  • 結核スクリーニング(診断)
  • 抗結核薬の予防投与
  • 結核の治療
  • 結核に関する抗TNFα製剤の投与上の注意
  • 結核発生届けの義務
  • 結核の症例概要

TNFαは結核菌感染に対する細胞免疫応答において中心的役割を担っています().

  1. 結核菌に感染すると肺胞マクロファージは結核菌を貪食しTNFαを遊離.
  2. 遊離したTNFαは自己あるいは周囲のマクロファージを刺激し,それらの刺激を受けた細胞が活性化.
  3. 活性化した細胞はサイトカインやケモカインを遊離し,CD4細胞,CD8細胞,γ/δリンパ球を動員し,活性化.
    また,T細胞も接着能が亢進し,マクロファージがT細胞に抗原を提示.
  4. T細胞,B細胞は活発に増殖し,活性化T細胞はIFN(インターフェロン)γを遊離し,さらにマクロファージを活性化.
  5. 活性化マクロファージは貪食能を亢進させ,細胞内寄生結核菌を殺菌あるいは肉芽腫を形成.
  6. 肉芽腫形成にTNFα産生は必須であり,肉芽腫は結核菌を周囲から隔絶し,その播種を阻止.
図. 結核菌感染に対する細胞免疫応答におけるTNFαの中心的役割
図. 結核菌感染に対する細胞免疫応答におけるTNFαの中心的役割

江口勝美. 呼吸器科. 2008; 13(1): 84-91.

安全性対策トップに戻る