ヒュミラ®情報ネット

医療関係者向けホーム

  • ヒュミラ®全例調査ご参画の先生方へ 全例調査の登録画面はこちらから
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

エーザイ株式会社 「エーザイhhcホットライン」 0120-419-497 受付時間:9:00〜18:00 (土、日、祝 9:00〜17:00)

患者さま向けサイトはこちら

ニューモシスティス肺炎:ニューモシスティス肺炎の診断

  • ニューモシスティス肺炎の概要
  • ニューモシスティス肺炎の自覚症状と臨床症状
  • ニューモシスティス肺炎の診断
  • ニューモシスティス肺炎の治療
  • 肺炎に関する抗TNFα製剤の投与上の注意

発熱,乾性咳嗽,呼吸困難に加えて,PaO2あるいは動脈血ガス分析又はSpO2(動脈血酸素飽和度)の急激な低下がみられた場合,胸部X線検査を行います.画像所見にスリガラス様の陰影がみられた場合,MTX及びTNF阻害薬の治療を中止し,PCPの判定にβ-Dグルカンを測定します.これが陽性であれば PCR(Polymerase chain reaction)を測定し,さらに陽性であればグロコット染色を行い,陽性であればここでPCPと確定します().なお,β-DグルカンはPCP及び真菌症では増加しますので,TNF阻害薬投与後のチェックのためにも,投与前値を必ず検査しておきます.PCPは,早期診断が重要です.患者のうったえがなくても疑わしい場合は積極的に検査を行うことが薦められます.無治療では極めて高率に死亡しますので,明確な診断が必要とされます.

図. PCP 診断フローチャート
図. PCP 診断フローチャート
安全性対策トップに戻る