ヒュミラ®情報ネット

医療関係者向けホーム

  • ヒュミラ®全例調査ご参画の先生方へ 全例調査の登録画面はこちらから
ヒュミラ®情報ネットホームに戻る
ヒュミラ®の針が細くなりました

エーザイ株式会社 「エーザイhhcホットライン」 0120-419-497 受付時間:9:00〜18:00 (土、日、祝 9:00〜17:00)

患者さま向けサイトはこちら

ニューモシスティス肺炎:ニューモシスティス肺炎の治療

  • ニューモシスティス肺炎の概要
  • ニューモシスティス肺炎の自覚症状と臨床症状
  • ニューモシスティス肺炎の診断
  • ニューモシスティス肺炎の治療
  • 肺炎に関する抗TNFα製剤の投与上の注意

ST合剤(スルファメトキサゾール/トリメトプリム)が第一選択薬となります.副作用等で投与不可能の場合は,ペンタミジンを投与します.低酸素血症を呈している症例,呼吸不全を合併している症例では,ステロイド薬の併用が推奨されています.
呼吸不全例では予後は悪く,早期診断,早期治療が重要です.疑いが強ければ,確定診断を得られなくても,β-D グルカン陽性と判定した時点で,治療の開始が考慮されます.

安全性対策トップに戻る